スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【破綻率14%】保険屋さんが教えてくれない貯蓄型保険の落とし穴

 終身保険・学資保険・年金保険などの「貯蓄型生命保険」最大のリスクは「途中解約による元本割れ」でも「簡単に引き出せないこと」でもなく、「保険会社の倒産リスク」です。

 では、保険会社が倒産したら、生命保険の契約はどうなるのでしょう?その答えは「保険契約者保護機構(以下”保護機構”)」にありました。(「保護機構」は国内の生命保険会社が出資し、保険会社の破綻時には契約者を保護するセーフティネットの役割を担っています。)

 まずは結論から、保険会社が破綻したら、私たちの契約はこうなります。
  1. 「保険契約」は、「他の保険会社」もしくは「保護機構」に引き継がれる
  2. 「保険金額」は、定期保険のような掛け捨て型の保険はほとんど減額されず、終身保険・学資保険などの貯蓄型(積み立て型)の保険は大幅に減額される場合がある

    続きを読む»

    スポンサーサイト
    最近の記事+コメント
    ブログ内検索
    カテゴリ
    プロフィール

    十一屋

    Author:十一屋

    リンク
    応援バナー
    最新トラックバック
    オススメの本
    忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術
    4756913016
    図解が多くてわかりやすい!積立投資を始める前に読んでおきたい一冊

    「しくみ」マネー術
    4569700977
    「貯めグセ」をつけたいあなたにオススメ!

    お金とつきあう7つの原則
    4584132135
    オトナのお金感覚を身につけるには最適の一冊

    初心者は株を買うな!
    4532260442
    初心者は個別株ではなく投資信託でOK!

    資産設計はポートフォリオで考える 投資信託35の法則
    4881668536
    投資信託を極めるためには必読の一冊

    生命保険のウラ側
    4022733233
    保険見直しのための特効薬!

    生命保険のカラクリ
    4166607235
    目からウロコの生命保険入門

    サイト訪問者
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。