スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門家のアセットアロケーションを参考にしてみる

前回に続いて、今日はアセットアロケーションのお話です。

投資家にとってアセットアロケーションは本当に悩みのタネです。
これを真面目に考えだすと、答えの無い迷宮に入り込んでしまって、思考が同じところをグルグル回ってしまいそうです。

一番マズイのが、せっかく分散投資を始めようと決意したのに、アセットアロケーションが決められず、何時まで経っても第一歩が踏み出せないことです。(以前の私がそうでした・・・)

そんな「決められない」人のために、今回は専門家のアセットアロケーションを紹介します。あくまで参考までに・・・
※「第2回インデックス投資ナイト」で紹介された内容を引用させていただきます
第2回インデックス投資ナイト座談会資料(PDF)

※各アセットアロケーションに関する専門家の皆さんのコメントは、水瀬ケンイチさんの超大作レポートから引用・編集させていただきました。興味を持たれた方は、より詳しく書かれているこちらもご参照ください。
第2回インデックス投資ナイト実況レポート(その2)
第2回インデックス投資ナイト実況レポート(その3)
以下のアセットアロケーションは30代前半夫婦を想定し、提案されています。
しかし、職業は?毎月の家計収支は?家計のバランスシートは?など重要な前提条件がないので、万人に当てはまるものではないことをご承知おきください。


yama.jpg

■経済評論家:山崎元さん
  • 普通預金に生活費が何か月分を残して、残りはすべて株式に投資する
  • 収入が安定しているサラリーマンは、「人的資本(将来お金を稼いでくる価値)」の割合が大きいので、金融資産はリスクをとっても案外大丈夫ではないか
  • リスクは過去10年の統計から、日本株式18%、先進国株式19%、新興国株式27%。全体のリスクは17%くらい
  • 国内債券と外国債券は期待リターンが同じだと考えている。為替リスクが大きくなる分(為替リスクは外国株式で十分取っているため)外国債券は個人のポートフォリオに要らないと思う

参考書籍:超簡単 お金の運用術 (朝日新書)

take.jpg

■ファイナンシャルジャーナリスト:竹川美奈子さ
  • 株式と債券を7:3くらい、株のうち日本4割、海外6割。そのうち2割が新興国。債券は、日本と海外が半々
  • 期待リターンが6%くらい、リスクは12~13%くらい
  • ただし、アセットアロケーションを組む前に最初にやるべきは、バランスシート、損益計算書、キャッシュフロー表を作って。どれくらい損をして大丈夫かという金額を考えておくこと

参考書籍:3000万円をつくる投資信託術 サラリーマンのためのインデックス投資入門 (朝日新書)


kan.jpg

■インデックス投資アドバイザー:カンチュンドさん
  • 生活防衛資金を別に確保した上で、毎月の積立が3万円、投資資金が500万円を前提
  • 円建てMMFを入れているのは、ポートフォリオの損失幅を軽減するため。生活防衛資金を確保しても、ポートフォリオに安全資産は必要
  • 株式は、先進国:新興国を5:5にする
  • ポートフォリオを作る前提となる期待リターンとリスクはあくまで過去のデータ。未来の事は分からない
  • 最低限のルールを守り、アセットアロケーションは皆さんの未来感を反映すれば良いと思う


参考書籍:忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)


このように並べて見ると、専門家の間でも意見が分かれます。

実は、今回のエントリで一番言いたかったことは
「アセットアロケーションに”答え”なんてない!」
ということです。

私も投資を始めた頃は「どこかに投資の答えはある」と真剣に思っていました。
しかし、「未来は不確実なものだから、答えがない」という当たり前のことが分かって、気が楽になりました。「専門家でも未来は読めないのだから、難しいことを考えずに、とにかく自分が希望を持てる配分で積立投資を継続しよう。安くなったらまた買えばイイじゃないか」と考えて今に至ります。

・リスク資産にどれくらい配分するのか
・外国資産(外国債券+外国株)はどの程度持つのか
・債券と株式の比率はどうするのか
・先進国と新興国はどの程度保有するのか

「迷ったら半分」という考えもありますし、「株:債券を50:50、日本:外国を50:50」でもそれほど間違った結果にはならないと思います。(実際そのような投資信託もあります)
kin.jpg


私たちにできることは「低コスト」な商品を、「分散」して保有し、あとは「運を天に任せる」ことなので、どこかで自分でエイヤと決めて、投資を継続させられたら良いと思います。
(年齢や時代に沿って、その時その時でまた変えていけばいいのです)

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

以前ツイッターでレンタルDVD情報頂きましたすごすごと申します。
私はたまたまなのか、ほぼカンチュンドさんverと同じでした。
少しびっくりです。
ただ昨今の下落や、先月に先進国株式を売却したので債権が多めになってますが。
生活防衛資金や安全資産をどう扱うか、どう位置付けるかでかなり印象は変わるだろうし、最近はあまり気にせず、カンさんの欄に書いてあることに近い感覚です。私が一番重要だと思うのは、自分の性格に合ってるかどうかって事でしょうか。精神に悪影響を与えるのだけは避けたいですね。

Re: こんばんは

>(比較的ご近所さんな)すごすごさん
こんばんは。コメントありがとうございます!
カンさんの場合、新興国にロマンを求めつつ、国内債券をそれなりの割合を持つことで、バランスをとっているのではないかと思います。

>私が一番重要だと思うのは、自分の性格に合ってるかどうかって事でしょうか。精神に悪影響を与えるのだけは避けたいですね。

これは、すごく重要ですよね。居心地の悪い(リスクを取りすぎたり、アップダウンが気になって仕事に差し支えたりする)投資は避けつつ、ポートフォリオに自分の思いを表現できれば、個人としては十分だと思います。

※引用元の「第2回インデックス投資ナイト実況レポート(その2)」はお勧めです。会場の臨場感も伝わって、識者の考えも参考になるかと。
最近の記事+コメント
ブログ内検索
カテゴリ
プロフィール

十一屋

Author:十一屋

リンク
応援バナー
最新トラックバック
オススメの本
忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術
4756913016
図解が多くてわかりやすい!積立投資を始める前に読んでおきたい一冊

「しくみ」マネー術
4569700977
「貯めグセ」をつけたいあなたにオススメ!

お金とつきあう7つの原則
4584132135
オトナのお金感覚を身につけるには最適の一冊

初心者は株を買うな!
4532260442
初心者は個別株ではなく投資信託でOK!

資産設計はポートフォリオで考える 投資信託35の法則
4881668536
投資信託を極めるためには必読の一冊

生命保険のウラ側
4022733233
保険見直しのための特効薬!

生命保険のカラクリ
4166607235
目からウロコの生命保険入門

サイト訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。