スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じぶん資産のポートフォリオはどうなっているのか

 じろらもさんの会社倒産の体験談「それは突然やってくる!!(生活防衛資金を発動)」を興味深く読みました。このエントリを読んで、生活防衛資金の重要性を再認識された人も多いと思います。

 ブログで自分の苦境を告白するのはなかなか勇気がいりますが、危機にさらされた人の体験談ほど役に立つものはありません。私はじろらもさんの告白に心から敬服します。(成功した人の自慢話が書かれた本より、よほど価値のあるものだと思います)

実は私も・・・
ここ1年の間に失業の危機がありました。現在もその失業リスクは普通のサラリーマンの方より大きい状態だと思います。半年ほど前には、このまま将来どうなってしまうのか?と心底悩んで、しばらく落ち込んだ日が続きました。自分の仕事に自信がある場合は、失業してもまた次の職はすぐに見つかるので、それほど心配はないかもしれませんし、本来はそうあるべきだと思います。ただ私を含め、ほとんどの人はそうなっていないのが実態かもしれません。

 しかし、つらい時こそ家族の存在は大きく、特に奥さんは常に励ましてくれました。また奥さんも派遣社員として収入があったのと、金融資産も生活防衛資金を含めて蓄えがあるため「自分がもし失業しても、なんとか生活していけるかも」と思えたので、踏ん張れたのかもしれません。

 実体験を経て思うことは、いろんな意味でセーフティネットは、国や誰かに頼るのではなく、自分で準備するしかありません。いろいろ自分で考え、危機への準備をしてこそ本当の『自助努力』だと思います。

さて、今回はじろらもさんに触発されて、ここ1年で私が悩んだ末に考えたことを書き記しておきたいと思います。


今回は個人のポートフォリオについて再考したいと思います。

今からぜひ皆さんにも考えて欲しいのですが、現在の皆さんの資産ポートフォリオはどうなっていますか?

おおよそで良いので自分の資産配分をパーセンテージで書き出してください。

では、続きはまた次回。

コメントの投稿

非公開コメント

私なんかは、いつでも退職の危機があるので90%は安全資産ですね・・
妻が働いていても多分助けてくれないだろうし(笑)

失業も今はなかなか会社都合にしてくれないようですので(企業はトラブルを嫌う為)基本的にはしがみ付くしかないようです。

共済年金関係は国債や公社債の組み入れが多く、そっちで稼いでリスク資産の穴埋めをしているみたいですよ。
山崎元さんが作っているのが参考になります
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/yamazaki/yamazaki_20100521.html

為替ヘッジが使えない個人は、主に国内で運用した方が有利なようです。

Re: タイトルなし

>預金王さん
コメントありがございます。(ブログ楽しく拝見しています)

>いつでも退職の危機があるので90%は安全資産ですね・・
次のエントリの答えを半分言われてしまいましたね。笑

私の友人は自営業で、仕事が大きな投資リスクを背負っているので
金融資産は投資してられないと言ってました。
考え方としては一理あると思います。
(って、私も失業リスクを感じて、キャッシュ率を高めました)
最近の記事+コメント
ブログ内検索
カテゴリ
プロフィール

十一屋

Author:十一屋

リンク
応援バナー
最新トラックバック
オススメの本
忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術
4756913016
図解が多くてわかりやすい!積立投資を始める前に読んでおきたい一冊

「しくみ」マネー術
4569700977
「貯めグセ」をつけたいあなたにオススメ!

お金とつきあう7つの原則
4584132135
オトナのお金感覚を身につけるには最適の一冊

初心者は株を買うな!
4532260442
初心者は個別株ではなく投資信託でOK!

資産設計はポートフォリオで考える 投資信託35の法則
4881668536
投資信託を極めるためには必読の一冊

生命保険のウラ側
4022733233
保険見直しのための特効薬!

生命保険のカラクリ
4166607235
目からウロコの生命保険入門

サイト訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。